白髪染め

白髪染め

きれいに染めて 髪の毛もつやつやに

白髪染めと カラーの違い

「まだ、若いから、白髪染め使うのは 抵抗ある。」と言う方いらっしゃいます。
「カラーリングより、髪の毛が痛むような気がする」と言う方も。
数本ならカラーリングで十分ですが、地肌の根元が白くなってきたり、部分的に束になって白くなったら
カラーリングしても 浮いて目立ってしまいます。
カラーリングは 地毛を明るくして白い髪を目立たなくさせるものなので
色素染料が少なく、カラーリングしても 白い髪の部分は殆ど染まりません。
だから、おしゃれ染めのカラーリングでもいいのですが、白くなった部分の染まりが悪いです。
白髪専用だと 染めた部分は長持ちします。白いのが目立つ部分に塗るタイプを使うこともできます。
そんなときは、簡単に 家庭でできるタイプが 便利です。

白髪染め いつから

白い髪の毛が多くなって
束になって目立つようになってきたら
おしゃれ染めでは ごまかせません。
おしゃれ染めしても光の加減で 
色が違って見えてしまいます。

そうなったら、おしゃれ染めではだめですね。
最近の製品は、染めるだけでなく、
トリートメントができたり、
髪に優しい成分でできているので 
染めると同時にヘアケアもできます。しっかり染まるのに髪や頭皮を傷めにくい。

天然由来のトリートメント成分が、ダメージをしっかり補修してくれる。
簡単!手軽!気がついた時にサッとできて、泡だから15分で染まります。
しっかり染まるけど、髪にも優しい成分入りと いいとこどり!

≪ルプルプヘアカラートリートメント≫驚きの潤い

白髪染め トップへ戻る